タクシー運転手 最強の眠気防止策 |タクリク

最強の 眠気 防止 策

 

突然襲ってくる眠気は、多くのドライバーにとってやっかいな天敵です。自家用で運転している場合は、眠くなったら安全な場所に停めて少し休めばよいのですが、タクシーの場合、休憩イコール営収ダウンにつながります。多くのドライバーは、たとえ眠気が襲ってきたとしても、稼げる時間帯であれば、必死で睡魔と闘いながら運転しているのです。
では、眠気が起きないようにするにはどうすればよいのでしょうか。それは、ずばり、暇な時間帯に休むことです。たとえ、眠くなくても必ず休んでください。30分休憩しただけでもかなり違います。もし、かなり忙しい日で、次から次へとお客がつかまり、全く休憩が取れなかった場合は、どうしればよいでしょうか。煙草を吸う、ガムを噛むなどの定番の方法もありますが、ここでは少々ユニークな方法を紹介します。

 

◆眠防止効果のある足つぼ
薬指と小指の間の付け根から3cmくらいかかとに寄った部分です。少し押すだけでかなり痛いので、すぐに分かります。ここを押すことで、眠気防止に役立ちます。押すときは靴下の上からでかまいません。

 

◆氷点下では眠れない
薬局やコンビニなどで販売されている携帯用冷却パックを利用する方法もあります。ホッカイロの逆バージョンのような商品です。数秒で氷点下になりますので、ほほや首筋に当てると、眠気がふっとびます。ほとんどのパックが、繰り返し利用可能になっています。
◆刺激を求めるなら、カフェイン錠剤
コーヒーやコーラなど、カフェイン含有飲料も効果的ですが、もっと効果的なのが、カフェインを錠剤で飲んでしまうことです。カフェイン錠剤はたいていの薬局で販売しています。

 

◆バカ野郎と叫ぶ
誰でも、何らかのストレスを抱えていると思います。また憎憎しい相手がいるかもしれません。以前の会社の上司かもしれませんし、自分をばかにしたお客かもしれません。そうした悔しい気持ちや怒りの気持ちを、空車のときに吐き出すのです。間違っても実車のときに吐き出してはいけません。方法は簡単です。「ふざけんなよ、○○の野郎」とか「しばいたろか、○○」とかの罵声を大声で叫ぶのです。窓を閉めていればどんなに大声でも周囲には聞こえません。時速40km以上で走っているときは、窓を全開にして叫んでも、まず大丈夫ですから一度試してみてください。ストレス発散にもなること間違いなしです。
【引用】【出典】タクシー業務研究会

 

お急ぎの方は今すぐお電話ください

平日【土日】含むAM10:00〜PM24:00

 

友だち追加

 

ラインアット@限定配信!

「ここだけの話 爆速年収800万円ノウハウ」!