タクシー 夜でも迷わない目印の見つけ方 |タクリク

夜でも迷わない目印の見つけ方

 

昼間と夜間の風景はかなり違います。昼間全く目立たない看板が夜間はネオンで嫌でも目につくということがよくあります。夜間でも迷わないようにするためのコツは、昼間のうちにいかに道を覚えておくかにかかっています。

 

◆昼でも夜でも変わらない目印

 

一番分かりやすい目印というのは、コンビニです。24時間営業しているので、時間に関係なく見つけられる目印となります。コンビニの場所を覚えておくといろいろ便利です。お客から、「途中でコンビニがあったら寄ってください」と言われることがよくあります。
不思議なことに、コンビニというのは、探すとないものです。私も最初の頃は、コンビニくらいどこかにあるだろうと高をくくって走らせていたのですが、目的地に着くまで見つからず、お客さんに迷惑をかけてしまったこともありました。そんなとき、コンビニの場所を把握しておくと、お客もコンビニに寄れて満足ですし、ドライバーも待ち料金が加算されて、うはうはです。
また、コンビニにはトイレがあります。トイレの場所を把握しておくためにも、コンビニの場所をできるだけ覚えておきましょう。

 

◆お客さんを住宅街で下ろした後、幹線道路に出る方法

ひとつの方法として、電信柱などに書いてある住所を見ることです。都内の場合、丁目は、都心から数えて付けている場合が多いです。
つまり、3丁目より、1丁目のほうが、都心に近いのです。住所も見つからず、幹線道路の方向が全く見当つかない場合は、とにかく一方向に向かうということです。
右に曲がったり、左に曲がったりしていると、同じところをぐるぐる回ってしまう可能性があります。この方向と決めたら、とにかくその一方向に走ってみてください。
そして交差点では、必ず左右をよく見ることです。行き止まりになったら、今度は反対方向に走ればよいのです。行き当たりばったりで走っているよりは、結果的に短時間で幹線道路に出れるはずです。

◆ 上り か 下り かを 一瞬 で 判断 する 方法

住宅街 などの 細い 道 から 大きな 道 に 出 た 場合、 どちら 方向 が 上り なのか 分から ない 場合 が あり ます。 そんな とき、 判断 材料 に なる のが、 タクシー です。 時間帯 にもより ます が、 朝 で あれ ば、 実車 タクシー が 多い 方向 が 上り です。 夜 は その 逆 です。 夜 は、 空車 タクシー が 多い 方向 が 上り です。
【引用】【出典】タクシー業務研究会

 

お急ぎの方は今すぐお電話ください

平日【土日】含むAM10:00〜PM24:00

 

友だち追加

 

ラインアット@限定配信!

「ここだけの話 爆速年収800万円ノウハウ」!